新車を購入する時には諸経費の費用も考えておく必要があります

長い間ミニバンを乗っていたのですが、走行距離が15万キロを超えたので新車に買い換えたのです。1300CCのセダンだったのですが、思わぬ経費がかかったので大変困ったのです。新車を購入する前は車体の値段ばかりが気になって、経費にまでは思いが及ばなかったのです。自動車税ぐらいはかかるだろうと思っていたのですが、実際に購入してみると様々な経費がかかったのです。どのような経費がかかったかというと、まず自動車税です。

3万5千円ぐらいだったのですが、その他に自動車取得税や重量税というのもかかってきたのです。この税金だけで10万ぐらい支払ったのです。これ以外にも自賠責保険料が4万5千円ぐらい必要で、これは強制保険なので誰でも入らなければならないのです。自賠責保険は新車で購入すると3年分を支払う必要があったのです。また諸費用というのがあって、車庫証明代行費用や検査登録代行費用などもかかってくるのです。この他にも車庫証明の費用やリサイクル関係の費用なども納めることになったのです。このような諸経費はなんだかんだで20万円ぐらいは必要となったのです。新車の価格にこの諸経費をプラスしたのが、トータルの購入金額となるわけです。

ただし、ディーラーのスタッフはそれまで乗っていたミニバンをかなり高額で引き取ってくれたので、その分新車代金が安くなったので助かったのです。新車を購入する時には事前にどのくらいの諸経費がかかるかを調べておくと、慌てずに済みます。

Comments are disabled.