新車購入時に必要な書類

新車を購入する際には、さまざまな手続きが必要です。
下見や試乗、見積もり、仮契約と進んで本契約となった際に、自動車販売店から必要な書類をリストアップされるでしょう。
また、書類申請以外にも車両代以外にも諸経費が必要になりますので念頭に入れておくと安心です。

まず必要なのが印鑑証明です。
所有者を特定する際に使われる書類です。
ディーラーを所有者にする場合は必要ありません。
よくディーラーからは、所有者をこちらにしておいたほうがいいですよといわれますが、メリットを聞くと自己破産した際に取り上げられないからという例があるそうです。

また、ローンでの購入の際に個人ではローンの審査が通らなかった場合などは所有者をディーラーにして購入するという選択になります。
私は、現金での一括購入だったのでとくに差し支えがないようだったので、そのまま個人の所有にしました。

その次に必要なのが車庫証明です。
車庫証明とは購入した車を保管する場所をちゃんと保持しているかを示す書類です。
警察署にて申請、交付を行います。その際にも手数料の諸経費が発生しますので、用意しておきましょう。

あとは委任状や、税申告書が必要となります。
大体の書類はディーラー側が用意してくれて、レクチャーやいつまでに用意しておくかなどを教えてくれますので、安心です。

車庫証明は申請してから交付まで何日か時間がかかることもありますので、余裕を持っておくといいでしょう。

Comments are disabled.